正しく翻訳コストを下げる方法

どこの企業・公的機関も質の高いものを安く手に入れたいと思います。

私は常に、必要なものにはお金を惜しまず、でもできるだけ省けるところは省きたいという気持ちでサービスや品物を購入します。

翻訳も例外ではなく、正しく翻訳コストを下げる方法があります。

間違った翻訳コストを下げる方法

・自動翻訳機に頼る

・プロの翻訳者でない外国語を話す人に翻訳を頼む
(バイリンガル、該当言語の先生、該当言語を話せる人、翻訳技術を学んでいない翻訳者)

・自分で頑張って翻訳をする

個人的な情報収集やメールなどに使い、大体の意味をつかむことができれば良い程度であれば、上記のような方法で良いかと思いますが、利害が発生したりよからぬ憶測のために問題がおきそうな場合には、リスクが大きすぎます。

それよりも、以下の正しい翻訳コストを下げる方法を試してみてください。

正しい翻訳コストを下げる方法

・原文の項目を多少理解できる程度の語学力がある場合、また周りにその程度の語学力をもつ方に聞ける場合、もう一度、その文書全体を訳す必要が本当にあるのかを考える時間を置いてください。

特に、何十ページ、何百ページある文書の場合、必要な個所だけをネイティブに選んでもらうなり、短縮版を作成してもらうなど、翻訳者に渡す文書を短くすることができることが多々あります。

読み手にとって重要かつ必要な箇所はどこなのかをもう一度確認することで、翻訳コストを下げるだけではなく、最終的に、読み手にとっても、必要な情報だけが入っている文書が渡されることは有益なことです。

また、ウェブサイトでも、本当に必要な箇所のみを翻訳、同じようなことを言っている箇所はリピート翻訳をしないように、必要な箇所をピックアップすることもコストを抑えるコツです。

・もし今後同じタイプの文書を何度も改変する必要があったり、マニュアルや説明書のような、文字ではなく、絵や画像で表示したほうが、分かりやすい場合、翻訳文字数を少なくするために、思い切って、誰でもわかる絵や画像をさし入れて、翻訳文字数を少なくする方法もあります。

まとめ

以上のように、プロの翻訳者に頼んで、質の良い翻訳を手に入れると同時に、コストを抑える方法というのは存在します。

今一度、翻訳したい文書を提出する前に、文書を見直してみてはいかがでしょうか。

============================================

日仏英の通訳・翻訳をお探しの方。

私は、パリ在住、翻訳大学院卒業の日仏英通訳・翻訳者です。

満足度・正確度が高く、分かりやすい通訳・翻訳を心掛けています。

お問い合わせはこちら

通訳翻訳に関する詳細はこちらのリンクをクリック

Leave a Reply

CAPTCHA