フランス語学習にはなぜコーチが効果的なのか?

 

皆さん、コーチっていう職業ご存知ですか?

私は始めて聞いたとき、スラムダンクの安西先生を思い出してしまいました。
時代によっては、誰?となりますよね 笑

安西先生は、某高校バスケットボールの顧問です。

「最後まで…希望をすてちゃいかん。
あきらめたらそこで、試合終了だよ。」

というセリフが有名。

要は、スポーツの世界で選手を暑すぎる情熱のもと指導するのがコーチだと思っていました。

確かにその定義は今でもコーチのとして使われています。

でも今は他の定義もあるのです。

日本コーチ協会によると・・・

■コーチングとは?

プロフェッショナル・コーチングとは、コーチとしての専門的なトレーニングを受けたコーチとクライアントと呼ばれる個人(またはチーム)が目標を設定し、成果を達成していくためのパートナーシップです。

コーチングのプロセスでは、コーチはクライアントがより効率よく、より効果的に行動できるよう焦点を絞り、あらゆる行動の選択肢を明確にします。同時にコーチはクライアントの現在地と、向かう先の位置を意識させます。

 

まとめると、目標達成の設定をして無駄のない効果的な行動計画を一緒に作り、コーチングを受ける側が最大限の成果を得ることをサポートするというものです。

 

コーチングはフランス語習得に欠かせない?

 

このコーチング、実は語学学習全般に必要不可欠なものです。

なぜならコーチングが非常に大きな効果を出す分野というのがあり、まさにそれは語学学習に値するからです。

(以下、日本コーチ協会から拝借)

以下がコーチをつけるきっかけとして上げられているものです。

大きなチャレンジを短時間に達成することが求められる

知識とスキルに大きなギャップがある

成績を大幅に上げる必要がある

新しく、より責任の重い職務につく

人生に大きな変容が求められる

自分の強みを知る、活かす

生活をよりシンプルにする必要がある

セルフマネジメントが求められる

ひとりで取り組むより、第三者の視点が加わることでより効果的に取り組むことが可能だと思われる状態にいるときにはコーチをつけることが効果的であると思われています。

 

フランス語は短時間で成果を出すべき

語学学習は、長期視点で、1週間に1度5時間の勉強を3年するよりも、毎日1時間の勉強を3ヶ月したほうが、成果があげられます。
そして短時間で成果をあげるためには、1人1人にあった効果的な勉強法でないといけません。

そこで、コーチが、マンツーマンで強化ポイント、ライフスタイル、得意不得意、目標目的にそってオリジナルカリキュラムを作ることで、より一層成果がでる短期間勉強ができます。

集中力やモチベーションも短期間集中のほうがより密が高いものが期待されます。

知識とスキルに大きなギャップを埋めたいとき

フランス語の文法や単語は一通り勉強したけど、会話は苦手という方や、意思疎通はできるけれど、文法がめちゃくちゃだというように、もっている知識とスキルに大きなギャップがあり、それを埋めたいときに、コーチングは有効です。

フランス語の知識と実質運用能力に差があるときは、どこかで勉強方法を間違えてしまったからです。

このような間違いは、自分自身ではなかなか気づくことができません。

フランス語勉強方法の訂正、改善は、フランス語講師のプロの視点が必要です。

成績を大幅に上げる必要があるとき

もし今のフランス語力と理想のフランス語がかけ離れているとき、何をどうして勉強すれば良いのかわからないことがほとんどです。1人だと、目標までのギャップが大きすぎて、全て埋めてしまうのに大きなエネルギーがかかってしまうので、挫折してしまう方が非常に多いのが現実です。

ここで、フランス語のコーチをつけたら、コーチは、理想のフランス語に至るまでのあなたが達成できる行動計画を一緒に考えて、あなたに寄り添うので、目標達成に至ることが簡単になります。

理想までのギャップが大きければ大きいほど、フランス語の勉強方法がわからないと迷っていれば迷っているほどコーチングを含めたフランス語レッスンは効果的です。

新しく、より責任の重い職務につくとき

フランス語圏の国に出張が増えた、赴任になった、上司がフランス人になった、フランス資本の会社に勤めるようになった場合、英語でビジネスができたとしても、フランス人同僚との普段の会話をフランス語でするのとしないのとでは、職場環境の感じ方、同僚とのつながり、仕事の円滑さなど全てが変わります。もちろんフランス語ができたほうが、より楽しいビジネスライフ、より効果的なビジネスをすることが可能です。

また、このような仕事関係で使うフランス語というのは、フランス語を勉強される方は、大半の方が、フランス語学習に時間を取れなかったり、フランス語学習の優先順位が低かったりします。

だからこそ、こういう場合は、時間の効率化ができて、あなたの現レベル、目標レベル、ライフスタイルなどに一番適している勉強が続けられるカリキュラムを作ってくれるプロのフランス語コーチが有益になってきます。

人生に大きな変容があるとき

フランス語圏の人と結婚、フランス語圏に何らかの形で住むようになったなど、何らかの形で急にフランス語が必要になったときも、突然のことに対応するために、上記の仕事の変化と同じ理由から、フランス語コーチをつけると効果的にフランス語力を身につけることができます。 

自分の強みを知りたい、活かしたいとき

フランス語の自分の強みや強化ポイントというのは、フランス語の先生の方が客観的にみることができます。

既に強みのところをより一層強化するのか、弱点であるところを平均値に持っていくためにより一層強化するのか。

この答えは、あなたの目標によって変わります。

そしてどのタイミングで、どの順序で何を学習するかも効果的にフランス語をあげるには重要なポイントです。

1人1人異なるので、それぞれにあったフランス語の勉強をしたほうがより一層あなたが望むフランス語力を手に入れることができます。

生活をよりシンプルにする必要があるとき

タイムマネジメントは、語学学習において非常に大切なことです。

語学学習というのは、一般的に非常に多くの時間を費やすことになります。聞くだけでフランス語力があがるというのはなく、真剣に文法を勉強して、単語を覚えて、読解に取り組んで、リスニングも鍛えなければいけません。

時間がかかります。

だからこそ、上手にあなたが使える時間を効率よく勉強時間にあてることが大切です。

そうしたタイムマネジメントもコーチの役目です。

あなたのライフスタイルから、どのスタイルの勉強をいつ、どこで、どのようにしたら一番成果がでるかというのを、一緒に考えてくれます。

セルフマネジメントが求められるとき

自分自身で決めた勉強計画に従って、その通りに実行できる人は良いのですが、もし計画通りに進まない場合、モチベーションが低下してしまう方は、コーチをつけたほうが良いです。

コーチをつけることで、どのタイミングまでに、何を、いつすべきなのかが明確になり、その達成報告をすることでモチベーションがキープされます。

また、誰かに見てもらうと励みになるので、理想のフランス語を手に入れやすくなるのです。

まとめ

フランス語学習にコーチをつけるというのは、ジムに行って、専属トレーナーをつけるようなものです。

普通にジムに入会して、運動することもできます。自分で5キロ痩せるなどの目標を作ってそれを目指すこともできます。

フランス語学習も同様です。フランス語日常会話ができるように勉強する。レッスンを受けて6ヵ月後にはある程度話せるようにすると自分1人やフランス語教室に通ったり、フランス語マンツーマンレッスンを受けてフランス語がしゃべれるようになる人はいます。

でも、ジムに入会して、パーソナルコーチをつけたときの効果を想像してください。

プロのコーチがつくことで、効果的な成果が得られるはずです。

フランス語コーチも同じです。

フランス語マンツーマンレッスンを、コーチング技術を持っている講師がすることで、目標に対して、より効果的な成果を得ることができます。

フランス語力を効果的に上げたい方、フランス語難民から卒業したい方はご連絡ください。

フランス語コーチでもある私のレッスン受ければ、フランス語力は確実にあがります。

勉強量は増えます。宿題も出します。

大変です。でも、成果は出ます。

 

============================================

フランス語学習を成功させたい方。

パリ在住、通訳翻訳者の私が成功させるフランス語学習の仕方を教えます。

ひとりひとりの目標、ライフスタイル、学習傾向にあわせてカスタマイズされた学習プランを作ります。

一緒に頑張りましょう!

お問い合わせはこちら

フランス語レッスンに関する詳細はこちらのリンクをクリック

Leave a Reply

CAPTCHA