クライアントとしてのビジネスコーチングの感想①

私も、
定期的にメンテナンスとして
コーチングを受けています。

今回、同業のフランス人コーチから
コーチングを受けた感想をシェアできればと思います。

今回は、「なりたい自分」
についてのコーチングを受けました。

この主題のコーチングは以前にも受けましたが
最近、様々な転機があったので
もう一度、見直したほうがいいかもしれないと思い
この主題でコーチングを受けました。

人は生きていくうえで、
ビジョンが必要なのだと感じています。

「どういう自分になりたいのか」

そのなりたい自分という「ゴール」がなかったら
宛先もなくふらふらと人生を歩いているようなものだと思います。

でも、「こんな自分になりたい!」という像があることで
その「なりたい自分」になるには
どの方向に向かって歩けばよいのかが分かります。

そこから、ビジネスの方向性も見えてきます。

「なりたい自分」になるには何が必要なのか。

どういうビジネスの方向性になるのか、など。

その中で私がなりたい自分は
(照れますが)
「無条件の愛」な人です。

自分自身が無条件の愛で溢れていて
溢れているその愛を皆と分かち合いたい
そういう人が私の目標です。

だから、コーチングを天職だと思える
のだと改めて思いました。

無条件でお客様をありのままに受け入れる。

そして、

お客様が望む状態にいくためのサポートをする。

愛をもって。

また、一番最初のブログにも書きましたが

私の将来の夢は

健全な成長と生活・教育の機会に恵まれいない子供たちに対して

同じ意識がある人と、慈善事業を展開することです。

これも無条件の愛というなりたい自分になりたいから
将来の夢としてあるのだと思いました。

金銭的・時間的・心理的余裕がないと
形あるしっかりしたものを
ボランティアで実現するのも大変なので
まずはビジネスを頑張らないといけないですね s(・・;)

あとは、自分に正直に、好きなことをして生きていく
自分の体を大切に、友達、家族もクライテリアに入っていました。

更に、自分の好きなことについても改めて見ていきました。

改めて、時が経って

「なりたい自分」に関するコーチングを受けることで

自分の向かう方向が正しいことの再確認

そうすることでの自信を得ました。

Leave a Reply

CAPTCHA