欧州での海外就職で一番大切なことは語学ではない

 

 

日本にいたころ
海外で働くにあたり
一番大切なことは語学だと私は思っていました。

 

でも違いました。

 

語学はあくまでもコミュニケーションのための
ツールでしかありません。

 

 

では何が海外就職で最も大切かというと

 

「専門分野での実務経験」

 

これに限ります。

 

もう少し詳しく話しますね。

 

専門分野をもっている

もしくは

管理実務経験を持った人材は海外で重宝されます。

 

例えば、今の時代IT技術をもっているのは強いですね。
どこの企業もデジタル化のためITに強い人間を探しています。
ITに関しては、適当な能力を持っている人材は欧州はまだ少ないです。

秀でたスキルを持っているか、足りないか、
どちらかであることが多いのが現状です。

営業、経理、法務、人事、サプライチェーン
マーケティング、広報、金融、医療

これらの専門的実務経験を持っていると強いです。

もし海外就職を日本で就職した後目指す場合
色々な部署を経験するよりも
どこか1つ特化して経験を増やしてください。

経験値が増えるだけ、あなたの可能性も増えます。

 

スキルを磨いてください。

 

磨けば磨くだけあなたの魅力が高まります

 

そして本当に実力があり
私が勤めている会社で必要な人材であれば
ビザを持っていなくても雇います。

 

ただし、未経験だと難しいです。

特に欧州の場合は、

新卒の集団就職がないため
日本のように新卒を一斉に教育するという観念がないです。

既にスキルのある人間を採用します。

教育する場合、スキルのある社員により一層
スキルを磨いてもらおうと研修を提供します。

 

そのため、新卒で欧州で就職をしようと思っている場合や
日本で就職したものの専門分野を磨かなかった場合

欧州で働こうと思ったら4つの選択肢があります。

1.駐在で欧州にくる

2.現地の大学か大学院に入学して
専門知識を学び、それをいかしたインターンシップをする。

3.インターンシップを見つける

4.現地日本企業でアシスタント職を見つける

(芸術系除く)

 

そのため

 

専門分野をもつ実務経験は非常に大切です。

 

更に、大学や大学院で何を学んだか

こちらも非常に重要視されます。

 

私は未だに大学・大学院で何を勉強したか

を聞かれることが多いです。

 

大学名は、海外に行ったら皆さんわからないので
これから大学や大学院に行かれる場合は
学部を重要視してください。

 

例えば人事ですが、

欧州には人事を専門的に勉強する大学や大学院があります。

そのため、人事で働く人は
多くの場合それらの専門的な大学や大学院を卒業し
在学中にインターンシップをし
就職をするに至っています。

 

海外で人材を募集している企業が求めること

 

それは

 

【経験・スキル】

 

面接の際も語学力のアピールよりも、
人事などの実務経験・実績をアピールすることに力をいれましょう。

 

また、企業側がビザを申請する際に、

「なぜ現地に人ではなく外国人を雇うのか」

という「いかに秀でているか」

ということを証明しなければいけません。

 

そのためにも、

実務経験や最低限大学卒の学歴

は大切です。

 

労働ビザがおりなかったら意味ないですものね。

 

タイトルにかかげた語学ですが
一番大切ではありませんが
大切なのには変わりません。

 

職種によっては英語も現地語も必要であったり

現地語のみ必要であったり

英語のみ必要であったり

レベルもある程度コミュニケーションが取れる程度のときもあれば

高いレベルを要求されることもあります。

 

ケースバイケースなので一言では言いにくいですが

例えば

某アメリカ資本のパリにある企業の場合

フランス語は絶対ではありません。

英語がビジネスれベルあれば大丈夫です。

チェコにある某日系企業の場合も

チェコ語は必要なく

英語と日本語のみです。

目安としては

実務を扱う職(管理職含め)の場合ビジネスレベルの外国語をどれか

ITなどの技術職の場合は日常会話レベルの外国語が必要になります。

 

もしあなたのケースの場合どうなのか
気になった方は
相談カウンセリングも行っていますので
是非ご参加ください。

 

Leave a Reply

CAPTCHA