通訳・翻訳 フランス語・英語 —> 日本語

【プロフィール】

フランス翻訳大学院卒業日仏首位 仏英日通訳・翻訳者
大学時代フランス交換留学(交換留学試験首位)
日系企業パリ駐在、フランス在住13年目
法律翻訳事務所、多国籍企業などを経て独立

【大切にしていること】

日本人のマインドを大切にし、フランス人とのギャップを埋める事を第一に考え、親切・丁寧に皆様のご希望に沿った通訳・翻訳業務を致します。

【仏英日通訳・翻訳実績】

通訳実績(ビジネス:法律、食品、教育、その他一般)

> 視察、工場見学、商談、社内会議、社外会議、見本市、買付など

翻訳実績多数(食品、教育、環境、原発、医療、法律、マーケティング、ITなどあらゆる分野にて)

お取引先一部(守秘義務のため一部省略)

・弁護士会の視察同行(労働省、保健省、パリ弁護士会など)
・見本市(メゾン・エ・オブジェ、SIMA、BIOFACHなど)
・フランス観光開発機構(日本の旅行会社数社)
・コンセルヴァトワール
・NTT(日本農林水産省/フランス経済省)
・農協
・日仏食品関係企業多々(商談、視察、交渉、工場見学)
・大手自動車関連会社
・大手医療関連会社
・各シャンパン会社
・大手オーディオ会社
・大手百貨店

【お客様の声】

「フランス企業との交渉では、いつもお願いしています。日本とフランス両国のビジネスマナーを理解してくれているので、毎回交渉がスムーズに進みます。」

「フランス側のゆったりとしたスケジュール感覚と、急いでいる日本側との間に立って、フランス側のスケジュールをコントロールして頂きました。感謝しています。」

「タイトなスケジュールだったのにも関わらず、迅速に対応頂きありがとうございました。」

「いつも翻訳の仕上げが早くて、訂正がないので、非常に助かっています。」

「翻訳の文章がわかりやすくて良いです。質問があるときは、随時質問をしてくれるので、翻訳の質に信頼できます。」

【メッセージ】

通訳

フランス人と日本人の仕事の仕方は異なります。それは、意思決定の仕方からコミュニケーションのとりかたまで様々な点での相違を意味します。

また、多くの企業が、これらの違いを軽視したうえに、商談が成り立たなかったという話を聞きます。

私は、日仏両国で日系、仏系、アメリカ企業で働きました。そのため、通訳という言葉のスキルだけではなく、日仏米のビジネス慣習も心得ています。この二つのスキルを生かして、ただ単に訳すのではなく、お客様の目的に合わせて、成功する交渉、目的を達成する場を心がけて訳しています。

翻訳

文化、ビジネス慣習、言語文化が異なることを配慮したうえで、場合によっては意訳や解釈なども加えながら、常に、原文に忠実かつ正確で読みやすい訳文を心がけています。

また、業界ごとの言い回しを丁寧に調べ上げ、必要な場合、翻訳分野の綿密なリサーチを行い翻訳に必要な知識を高めます。

ご依頼を頂いたお客様からはリピートでご利用して頂いています。皆様のお役に立つことができたら嬉しく思います。

お気軽に何でもご相談ください。24時間以内の連絡を心がけております。

Nomura.yukiyo@gmail.com

もしくはお問い合わせフォームからお問い合わせください。