プロフィール

こんにちは !

 

・EU欧州委員会翻訳総局認定の仏・翻訳大学院卒業
(仏英日)
・通訳・翻訳者(仏英日)
・フランス語講師
・英語コーチ
・目標達成コーチ

 

野村幸世(Yukiyo Nomura)です

相談歴 計8年

大阪生まれ名古屋育ち
フランス在住 もうすぐ計10年

 

私のストーリー

どのようにしてここまで来たのかの経緯を書きました。

 

両親からの最初のプレゼント
名前に込められた想い・願

 

「幸世」(YUKIYO)

 

幸せな世界で幸せに生きてほし

 

という願いがこめられています

 

「人生楽しかった」、「充実していた」、「幸せだった」「ありがとう」と
おばあちゃんになって思えることが私の目標であり、両親への最後の
そして最高のプレゼントになると思って生きるようにしています

 

幼少期から中学生まで


人生の土台が作られた時

・クラシック音楽・ピアノが好き

ほぼ毎日学校の後は、習い事
特に、ピアノは毎日5回の練習
練習は嫌いでしたが、自分で思うまま弾くのは大好き

8年習っていたおかげで得たこと

・継続力
・外国語の音やリズムへの敏感さ
・ストレス解消法

 

海外に住んでいると、戸惑うこと、孤独、様々な感情を経験

そんな時に心の安定剤となるものが必要

【継続力、音感、ストレス解消法

何をすると気持ちが安定しますか

 

・私って人と違う

幼少時代、周りのお友達全員が興味あることに
興味をもてず、子供ながら、私自身に問題があるかと悩む
よく「変わっているね」といわれる

場を乱したくなかったので周りにあわせていた結果
身についたこと

・協調性
・相手に対する思いやり・敬う心

今、考えると、人と違うということは、大切な個性の1つ

海外は「皆と一緒」というよりも「個性」を大切にする

だから、私は海外にいると楽なのかもとたまに思う

【協調性、思いやり、敬う心

あなたの個性は何ですか個性、出していますか?

 

・言葉の影響力ってすごい

小学生の時は内向的
中学生になって、話し方や言葉の選び方を変えることで
お笑い芸人のように笑いを引き起こすこともできるし
人を動かすこともできるし、嫌われることもあると気付く

言葉にはパワーがある
聞き手の立場にたつ大切さ、観察する大切さ、
シンプルにわかりやすく話す大切さを心がけようと思うよう

【伝え方やコミュニケーションの力を知る

フランス人のコミュニケーション方法についてどう思いますか

 

・海外へ行ってみたい

英語との出会いは、幼稚園のとき
日本人の英会話の先生から数ヶ月レッスンを受講
母からセサミストリートやドラえもんのビデオを英語で見せられる

でも言っている意味が全く分からず、苦痛

中学生になるとハリウッドドラマ、ビバリーヒルズ青春白書にはまり
海外に憧れ

自ら進んで英会話教室へ
異文化交流楽しい!
先生のテンション高くて異次元にいる気分!
大げさなくらい褒めてくれるのが新鮮で嬉しい
英語の成績はトップ、市の英語暗唱大会では賞を受

好きこそ物の上手なれ

あなたは子供の頃、何が好きでしたか

 

・勉強方法は十人十

中学1年、数学が全く理解できず30点~40点を2度とる
ある塾長との出会いで全てが変わる
常に90点から100点を維持

先生次第、やり方次第で、苦手科目も得意科目になる
大切なのは自分にあった勉強方法を知ること
その方法を教えてくれる先生を見つけるこ

その後、希望していた国立の高校へ入学

【自分に合った勉強方法を見つければやる気・結果はついてくる

あなたに一番あった勉強方法をご存知ですかどんな勉強方法ですか?

 

高校1年生

ドキドキと不安で挑んだホームステ

カナダ、バンクーバーへ2週間、初めての1人旅

不安が占めた感情
初1人飛行機、初ホストファミリー、初英語で意思疎通
でも実際に行ったら楽しいの連続!
異文化、新たな発見の連続、英語で意思疎通できたときの喜び
習ったことをいかすことができたときの嬉しさ

全てが楽しかった

新鮮だった

でも一番の収穫は

 

まだ英語力が未熟なのにも関わらず、一切いやな顔をせず、
辛抱強く漢字を使いながらコミュニケーションを取ってくれた
台湾からきた今でも仲良しの友人との出会い

 

人は他人の何気ないちょっとした行動や言葉に救われると知る
私も同じように優しい気遣いができて
さりげなく手を差し伸べることができる人になりたいと思った経験だっ

【仲間を作るのに文化の違いは関係ない。大切なのは同じ価値観をもつこと

 

この気付きは、国際人として大切なこと
たった2週間のホームステイ
でも、学んだことは一生もの
グローバルな中で生きていくための本質を学んだ気がした

どのようなことが国際人として生きていくために大切だと思いますか?

大学生


私の人生を変えた時

フランス語を選択科目として選んだ理由は、
消去法と欧州各国の高速道路の視察をして
「フランスはきれい」と言った祖父の一言を受けて
ヨーロッパに行ったことがなかった私は
「旅行で一度使えればいい」
と安易に選択

バンクーバーでホームステイを経験したあと
「もっと上手に英語を話すことができたら」
と思っていたので

「アメリカ留学」
が当時の目標だった

 

大学1年


得意科目の英語で初めての挫折、ショッ

 

「得意な英語」から「自信喪失不得意な英語」へ。
英語のクラスはレベル別
クラスメートは、帰国子女や留学経験者
今思えば、比べても仕方がない

でも

どう頑張っても語学力が追いつかない
と思うことに当時はショック

【世界は広い

 

大学2年


想定外!

ずっと行きたかった英語圏への留学
成績が足りなかったせいか
カナダの極寒の地にある大学が受入先に

寒いのが苦手な私

暖かい地を求め

フランス語は、活用法や女性名詞、男性名詞など全く文法が理解できず
1文聞いても単語が全て繋がっているように聞こえていたので

嫌いだった

寒いカナダには行きたくなかったので

5か月後のフランス留学試験合格を目指す

一度決めたら、徹底的に

過去の経験から
学習法はその道を先に行くプロに聞くのが鉄則
と思っていたので
教授室に通い詰め
勉強方法、教材、文法などありとあらゆる質問をぶつける

仏検対策の本は非常によかった
基礎文法と基礎単語が網羅されているので
完璧にできるまで、繰り返して解いた
長文は、教授が用意してくれたプリントを読み鍛える

結果、筆記は約50人中1位、オーラルも2位で合格

 

人生で納得のいかないことがあったら
納得のいくように自分でもっていく
そしたら、助けてくれる人にも恵まれ、新たな道が開け


【人生は可能性で満ちている

全て望めば叶うとしたら、どんな人生を歩みたいですか

 

もっと英語が話せるようになりたい

 

オーストラリア、ブリスベンへ1ヶ月語学学校&ホームステイ

ある程度ゆっくり、自分の意志を伝える程度にしゃべれるようになった
日本語は一切話さず、英語だけの環境に身を置いた

 

大学3年9月~4年6月

 

私の価値観を変えたフラン

 

フランス、お城がたくさんあるロワール地方アンジェへ10か月交換留学

初めてのヨーロッパ、初めてのフランス、初めての長期海外生活、初めての長期留学

文法、単語の基礎は押さえた、つもり

準備万端、な気分

生のフランス人が発する生のフランス語

新鮮

これからやってくる新しい世界に、ドキドキ

空港には、友達の友達が親切に迎えに来てくれた
しかも3人で。嬉しい

でも、それもつかの間

「空の旅はどうだった?」

フランス語でたった4文字のこの質問

5回繰り返してもらっても、全く聞き取れない

最終的には、英語でコミュニケーション

落胆

4文字が1文字に聞こえる

留学先は、語学学校ではなく、大学

フランスでは留学となると、本来、語学学校が一般的

私のレベルでは、大学は・・・もちろんついていけない

宇宙語を聞いている気分の最初の1ヶ月

ノートも取れない。白紙

落ち込む。焦る。一生できないような気になる

「私、ここに来るまで一度もフランス語勉強したことないのよねー」

追い打ちをかけるように言われた忘れられない一言

授業をある程度理解していたイタリア人に言われた

私の強みは、元来ポジティブなこと

せっかく来たからにはある程度話せるようになりたい!
私も人とコミュニケーションを取りたい!とりあえず人と会話がしたい!
なにより、10か月、生き抜かないと!

この想いがこの先を変えた


自分の中から湧き上がってくる決心って強い

 

この想いを叶えるためにしたこと :

 

  • 日本語でほとんど会話をしない
    フランス語にどっぷり漬かる
  • 毎日作文を書く
    友達に伝えたいことを辞書・文法書を見ながら用意、毎日、発表会
    より多く話すため、話は長めに。しゃべれる気分に浸り、自信がつく
  • 文法は、1から順におさらいをするのではなく、随時、疑問に思ったことのみを確認
    興味をもったところだけ調べたので、頭に残りやすい
  • 興味を持てなかったテレビやラジオは一切使わない
    興味を持てた生の会話で、リスニング力を鍛えた
    人と話しているほうがずっと楽しい
    積極的に外出
  • 音に慣れるまで、外国人と多くの時間を過ごした
    慣れてから、徐々にフランス人と過ごすようにした

 

私の当時の目的は、フランス語を完璧に話すことではなく
海外生活を体験すること
楽しむこと
留年しないために単位を取ること
生き残ること

だから、楽しみながらコミュニケーションをするための学習方法を取った

 

3ヵ月後、大学の授業が大体わかってきた

 

フランス人の友達には、発音を何度も直された

文法も何度も直された

6ヶ月後、他の外国人学生よりも文法、単語を的確に理解して使っていることに気付く
読解とリスニングは、さすがにフランス語と似ているラテン語圏の言葉を母国語にもっているとかなわない・・
仕方ないと思うように

事実受け入れも大切

 

フランス人・外国人の友達、たくさんできた

ゆっくりと、言葉を選んで政治の話ができるくらいフランス語ができるようになった

ヨーロッパ、フランス国内たくさん旅行をした

10か月はあっという間で、こんなに楽しかったことがないというほど、充実した日々を過ごした

価値観も変わった

家族、お金、時間、仕事、人間関係、男女関係のあり方、ありとあらゆる面で影響を受け、考え方が変わった

何でアンジェの人は日本人よりも物もお金ももってないのに、幸せそうなのだろう

そもそも、幸せって何だろう

たくさん自問自答した

たくさんの収穫を抱えながらの帰国

後ろ髪をひかれる気持ち

また戻ってきたいという欲求

フランス語を使って仕事がしたいという新しい目標

できないからと諦めるのではなく、できるようにするための方法を探

特に語学の場合、やったらやっただけ結果は必ずついてくる
楽しさも付随して!
ついてこない時は、勉強方法を考え直したほうが良い時

外国語を習得することで得られるものは多

これだけ充実した留学生活を送れたのも
たくさんのものを学べたのも
フランス語と向き合ったおか


【お金では買えないものをたくさん得た

どんなことに今まで真剣に取り組んで成果を出しましたか

 

2007年4月 新卒就職


初めてのカウンセリン

営業成績、6ヶ月で地域600人中2位

大手教育関連事業の会社で、営業兼、カウンセラーとして働く

外国語勉強方法、海外に関する様々なカウンセリングは人の役に立てている気がして充実感があったが、営業方法に疑問を覚える

 

2008年4月 転職


目標のために働

食品の輸入をしている会社に再就職
3~5年後、フランスに行く可能性があるという望みを抱いての再就職

毎日12時間以上働き、3ヵ月後、体調を崩す
自分の体を壊してまでフランスに行きたくないと思い、辞める意思を上司に伝えるが、考え直すようアドバイスを受ける

何が何でも駐在員としてフランスに行くと決意し、直属の上司、部長、社長にアピールをする

入社6か月後、駐在辞令

運・タイミングが良いかもしれない
でも、この運やタイミングは、努力、熱意、伝え方、積極性、信念、揺ぎ無い目標、語学力があったからこそ、見方してくれたのだと思う
私を信じてくれた会社には心から感


【運は努力をしたときにもらえるプレゼント

あなたの今の目標は何ですか?叶うためにどうしていますか

 

2009年4月~2011年7月 パリ駐在


憧れていた駐在生

最初は仕事を覚えるのに必死、充実
半年経ち、慣れて、ずっとこの会社にはいないだろうと直感
でも自分が何をしたいのかが見えなかった
だから、何をしたいかわかったら、辞めようと決めた

考えた末、通訳・翻訳者を目指すことに
そして、フランス学歴社会であり、労働ビザの取得のためにも
フランスの大学院へ行ったほうが良いと勧められ
大学院で翻訳を学ぶことに決める

フランス語力を上げるために勉強に勤しむ
実はあまり長文を読んだことがなかったので
フランスの右派の新聞FIGAROを購読し
仕事の前後、毎日読むようにした
最初は全く理解できなくても
毎日読んでいると少しずつ分かってきた

リスニングもまだまだだと実感していたので
お昼の休憩中は、泥沼ドラマを見て、リスニング力を鍛える

はまってしまったのでリスニング力が向上した

辞めることは、周りの日本の友人・両親全員から反対された

「駐在員から学生?もう一度よく考えるべき」
「安定から不安定?もう一度よく考えるべき」
「パリで働きたいって行って働かせてもらっている身なのに非常識」

フランス人の反応は真逆

「YUKIYOが今の状況に満足していないなら
その状況を変えるためにアクションを起こすべき
したいことをすべきだ」

自分のしたいことが見つかってから1年悩んだ末
計2年半で駐在生活の幕を閉じる

 

辞めるにはすごく大きな勇気が必要だった
すごく不安だった
でもこの一歩は、人生最良の決断の1つとなっ

 

【自分の心に従うと最良の決断ができる

あなたはどのように決断をしますか

 

2011年9月~2012年6月


フランス語猛特

 

翻訳大学院へ入学するため
パリ第3大学に籍を置き
1年フランス語を猛勉強

毎日図書館で、入試対策
新聞記事を使って、勉強
文脈から単語の意味を推測する力を養い
時事用語を養うことに重点を置いた

90分6000円もする学生の身分の私にとっては高額な
でも非常に有能な家庭教師も雇った

この先生のおかげで仏語の論文の書き方をマスター
大学院にも合格

先生は大切
先生のおかげで合格
できたと思う。感謝
私も人に「そんな影響を与えたい」
と思わせてくれる経験

つきつめればつきつめるほど
フランス語力が未熟だったと思い知らされる

それでも

バランスよく真のフランス語力がついた

 

このフランス語力も
今まで出会ってきた人たちが助けてくれたおかげ

何らかの形で
今度は以前の私と同じ立場にいる人たちを助けることで
恩返しをしたいと思うようになる

そんな時、某語学学校の求人を見つける

入社試験・面接合格

フランス語講師兼、カウンセラーに

数か月後には、人気講師、カウンセラーへ
お試しレッスンのあとは

わかりやすい」「丁寧」「私も頑張ろうと思える」と評価

90%以上の入会・継続率

マンツーマン
1人1人の性格、動機、レベルにあった学習方法を提案

 

勉強方法に悩みながら努力して得たフランス語力
だからこそ分かる学習者の立場

多くの人の協力の上で得たフランス語力
だからこそ、「人」に恩返しがしいと思い

フランス語講師の仕事を見つけ


【恩返し

もしフランス語力を上げたいとお望みでしたら
フランス語力確実にあげるお手伝いをします。
お問い合わせください。

 

2012年9月~2014年8月


暗黒時代と二足のわら

 

大学院では

法律、技術、メディア、各国際機関で扱う分野

の翻訳を勉強

仕事は、フランス語講師・カウンセラー、翻訳

年間外出は5日

勉強と仕事で時間も心も余裕がなかった

日仏翻訳・通訳クラスでは好成績
母国語を介さない英仏翻訳・通訳クラスでは、2度落第点
進級の危機
泣きながら友達に電話
10円ハゲ
精神的に病んでいっている自分に気づく

危機を感じる

対策を考える

ひたすら訓練を繰り返し
テストの議題についての知識も増やした

英仏翻訳と通訳では1年の終わりには平均点が取れるように

慣れたら、日仏の通訳よりも
英仏の通訳のほうが、楽だと気づくくらいに

それと同時に
自己啓発に興味をもつ

 

しんどい時期だったからこそ
フランス語講師やカウンセリングの仕事を通して
自分の存在意義、役割を認識できた
本当に有益な仕事とは他人を助け
同時に自分が救われるものかもしれないと思っ

 

大学院1年の夏休みは
法律翻訳事務所で2ヶ月インターン
7週間南イギリスに語学留学

大学院2年目には
オンライン教育事業をしている企業で
ビジネスディベロッパー、翻訳者として
インターンを6ヶ月

【情けは人の為ならず】
(人に情けをかけるのは、その人のためになるばかりでなく、やがてはめぐりめぐって自分に返ってくる。要は、自分のすることは良いこと悪いこと全て自分に返ってくる

乗り越えないといけない壁が大きいとき、どのように乗り越えますか

 

2014年8月~現在


語学学校を辞め、独立

・通訳・翻訳
(弁護士団体、フランス省庁、民間食品・教育機関・企業、個人の方)
・フランス語講師
・海外生活、海外留学、外国語勉強方法に関するカウンセリング

 

フランス語力ゼロに等しい生徒様をフランス国家試験CAPなど6ヶ月で合格に導く。

 

2015年5月~現在


新たな冒険へ

労働ビザ更新のため
アメリカ資本、大手化学薬品を扱う多国籍企業に就職

社長秘書を担当後
人事、管轄地域本社のオフィスマネージャーへと転向

ヨーロッパ・アフリカ・中東で働く
管理職社員の
人材開発、研修、自己啓発、キャリアデベロップメントを担当

社長、同僚にも恵まれ
社員のキャリア形成を能力や経験や希望などから
支援していくのにやりがいを感じる

それと同時に

フランス語学習や人生において

もっと目標達成が簡単にできないかと思い

コーチングを勉強して

コーチ×フランス語講師として

より効率的に理想のフランス語に近づける
サービスを提供している

【お問い合わせ】

 お問い合わせはこちらから

nomura.yukiyo@gmail.com

+33 6 71 87 84 39

 

 ★NEW★ /